Tebineri

人間。

Monthly-weekly diary August! / 不定期日記・八月編。

今朝の気温は、11℃!
既に秋の訪れを感じずにはいられない、昨今のプラハです…。
もはやマンスリーとなっていますが、ウィークリーダイアリー、参ります。
This morning it was just 11 degrees!
I feel the autumn's coming...
Then, it's almost monthly diary, but let's start weekly diary.


今年の夏は、本当に猛暑でした。7〜8月にかけて、毎日33〜36℃という日が続き、しかも湿気が全くないため、湿気の強い日本の夏に慣れた私は汗がうまく出せなかったりして、体調管理の難しい日々が続きました。(そしてカプレーゼばかり食べました)
This summer in Prague was too hot. Temperature was almost the same in Japan (Tokyo), but the humidity is far lower, so my body felt very different situation and couldn't adjust to this dry summer well. So it was hard summer for me... (and I often made caprese...)


そんなわけで、日本に一週間だけ休暇に帰った時、暑さ対策でのれんを買ってきて、つっぱり棒でつけてました。この部屋だけカーテンがないので。。そしたら、かなり楽でしたよ。
Then when I got back to Japan in the end of July for 1 week, I bought very cheap "Noren" curtain. It worked!
ほら!こんなに日差しをカット!
It cuts a lot of strong sunshine, right? :-D 
部屋の模様替えにもなりましたしね。
And it changed the atmosphere of the room, too. Was nice.

暑さのおかげで、友達とプールに出かけたりと、楽しい思い出もできました。
Sometimes I went to swimming pool with my friends outside of Prague. It was so hot day but beautiful.
川の景色。River view.

ま、てことはビールは美味しいよね、という。
Hot summer means that beer is reeeeaaalllly tasty!
ぺんぎん。Penguin glass.

最近、秋ぐらいに始まりそうな、詩の本のイラストレーションオファーをこっちで頂いて、そのミーティング後にお茶。
フレッシュミントティー、すごいですよね。なかなか飲みきれないぐらい入っているし、ほんとにおいしい。
I got some offer to an project, then after the meeting I took fresh mint tea and chocolate cake. I love it.


例のフラットなピーチ。なんか分からないんですが「パラグアイ」という品種のようで、最近どこのスーパーでも見かけるようになりました。
暑い夏はやっぱり冷蔵庫で冷やした桃だよね、と思い、よく食べていました…。
あとは、夏は夏野菜だな、と思い、トマト、パプリカ、茄子、ズッキーニなど、とにかく夏野菜も取るように心がけました。
とにかく…普通あり得ないほどの酷暑だったのです。
I like this kind of peach, but it was first time for me to see such a flat peach (can you remember my past blog article??), but I found that it's written "paraguay peach". Hm, sounds so exotic... and tastes great.
It was really hot summer, so I tried to eat summer vegetables and fruits because it's naturally good for body. Peach, tomato, paprika, eggplant, zucchini, ...


あとは最近、このクソ暑い季節だというのに、ローストポークがどうしても食べたくなり、作ったところハマってしまいまして…
At the end of August, I don't know why but I really wanted to eat roast pork, then I made it often... of course it's crazy that I use oven in such a hot summer days, my room's temperature was over 30 degrees... it was crazy... but.... tasty... :p I was satisfied.

とある友達のお別れパーティーの時、1.5kgぐらい焼いてったら(写真中央参照)、さすがに余りました。笑
でも喜んでもらえてよかった♪
でも寂しいよー、また早く会いたいです。。
今月は新しい大好きな友達にたくさん出会えた&遊べた月だったので、一年の疲れが癒されつつ、新しい展開を迎えているような予感のある月でした。
For my Japanese friend's farewell party, I made 1.5kg of roast pork. It was a little bit too much. But not bad :p
This month I could have a great time with my new friends, so I was really happy. I got some fresh air and enjoyed from the bottom of my heart. 


A live performance of "DVA". It was so cool!
Dvaというバンドのライブ、友達に連れてってもらいました。めちゃくちゃよかった…!チェコで初めていいバンド見たかも。(笑)また行こうね、かおたん!




さて、個人的なこの夏最大のニュースは、遂に家にローテーブルをお迎えしたことです!!
しかも…蚤の市で、たったの500円!!!
This summer's biggest news for me was that I finally got the low table!!!
And it was just... 100Kc!! at the flea market in Kolbenova. To je prekvapeni...
実は私は、床に座って座卓でじゃないと本当には集中できない、という癖がございまして…。でも椅子&テーブル文化のヨーロッパ、なかなかこういう丁度いいローテーブルなどどこにも見つからず、本当に参っていたんです。仕方なく、どうもいまいち…と思いながら机に座って制作し、時には床に寝そべって制作し、と苦労し続けていましたが、もうどうしてもやっぱりローテーブルがないともう駄目!と思い、最近再び探していたところ、友達が「コルベノバにあるんじゃないですかね?」とふと助言をくれ、一緒に朝、プラハで恐らく最大級の蚤の市、コルベノバへ一緒に行ってくれたのです。そしたらなんと!あるじゃない…!もう運命だと思いました。しかもこの、なんですか、この三角形!意味不明!(笑)多分、子供向けなのかな?傷だらけで古いものだけど、私には充分でした。即買って、一緒に家まで運んで、このテーブルの上でサイダーで乾杯したところ、その光景は正に「日本の夏」…(笑)やっぱり、座卓だわ!と。
Why I need it is because, when I sit on the floor, I can fully concentrate on my attention to the work. For this 2 and half year I didn't have it, it means that while such a long time, I couldn't really be concentrated on my work... hmm, it's crazy. But I never could be able to find such a low table in Europe. If it's in Japan, we can find it very easily and in a cheap price! But I finally got it with my friend's advice and cooperation!
Thank you, Kuma ;)
一緒にテーブル探してくれたくまとランチ。
世界で一番、くまの食事姿を撮影している自信がある、私。笑

今は、窓際のここに落ち着きました。
ここにすると、テレビをでかいモニターとして繋いだ時にも快適ですし、何より、以前からずっと、窓際に机を置きたかったんです。でも普通の事務机を置くと邪魔で、邪魔で…。ここがベストプレイスでしたー。遊び心満載のこの三角形がまた、なんとも、使いにくくて使いやすいんです。クリエイティブな仕事の人なら分かってくれるはず、時に人間は機能的ではないものを使う方が、はかどるんです…(笑)常に動き続けてくれますからね。
机の重要性を改めて感じました。本当に、ご縁だわ。。
Now it settled beside the window.
It makes me feel really cozy and bright... Thank to God!
Now I have choice to write&draw on the narrow high table (counter), desk, and low table. Yes, I really needed these choices for my work... yeeeeeaaaaahhhh!



制作としては、今月は日本の友人でもあるデザイナーにレイアウトをお願いして、「二言語版」を制作していました。
作っていくうちに、私が本当に自分のビジョンとしてやりたいと感じていたのは本当はこっちだったんだ、という何か確信のようなものがふつふつと湧いて来て、どんどん強くなってきました。
チェコ人読者にとってはチェコ語オンリー版の方が良いのか、そうではないのか…と疑問に思い、とりあえず友人たちに片っ端から見せて意見を聞いてみたところ、二言語版の方が面白い、という意見がとても多くて驚きました。日本の話を読むのだから、意味が分からなくとも日本語があった方が興味がそそられるし、楽しめるのだそうです。知的レベルの高いチェコ人ならではの返答だなぁ…と感心したものです。
For the work, I've been making the bilingual version of Mala Japonka with my Japanese friend who's designer, Masami Yamada.
例によって仮本の山。
しかし、プロの手を借りたことで負担は減り、自分がピンとくるやり方でもっといいやり方でやってもらえて、本当に絶対に彼女の存在は必要だった、と感じました。
She does really professional work, so I thought that she was really essential for this project!

We made Japanese version first, then made Japanese&czech version and Czech&Japanese version, and finally I considered about them well, then I asked her to make the "mix" version. Because this book is for Czech children & people, so main sentences must be in Czech mainly. But characters are Japanese, so they speak Japanese is more natural than they speak Czech, so bubbles are in Japanese mainly. But both has its translation beside them, so people can understand both.

Which do you prefer?
Only Czech, or "Dvojjazicne verse"!

I'm going to print it in September, then I think I can start selling.
編集作業が終わったら印刷に出して、それから委託販売や直接販売をスタートしようかと思っていますが、10月ぐらいになるかと思います。仕上げたいな〜。




それでは、また次回!
See you next time!

"Weekly" Diary July! / 無理くり再開週刊日記!7月

恐ろしいもので、更新するクセがすっぽ抜けて以来、もうどうやって再開していいかが分からず…。とにかく、思いつくままに「近況」を更新してみることにしました。
It is terrible that I have had no idea how I can resume my weekly diary since once I lost my habit to writing this!
Anyway, today I try to write my memories of "these days".

えーそうですね、何はともあれ、これを書かないと始まらないですね。
無事、卒業できました!
I should say this first: I got MgA degree at UMPRUM and graduated this summer!

友達にもらった写真を使い回す。くま、さきちゃん、ありがとう。
卒業式の日はとにかく暑くて、冷房のないこの国での30℃超えに包まれつつの卒業でした。14世紀に建てられた古いゴシック建築の教会の中での式でした。
The day of graduation ceremony was very hot.
Sometimes I feel that hot summer days in Europe is more bad than Japanese ones, because they don't have air-conditioner usually!
But the ceremony was nice. It was held at old gothic church.

三年間、通い続けた大学。展示の片付けの日、名残惜しいものがありました。
The atelier that I've been for 3 years. I missed it a little bit. (But I hope I soon visit there!)


卒業制作については別途ウェブページにまとめる予定ですが、とりあえず写真だけ少し。
About the details of my final guraduation work, I'll make a web page later. But today I just introduce some photos of it.





まっこんな感じです!ざっと!
Just like that.

I already sold some of the books while the diploma exhibition, but now I want to replace just one picture and correct some small mistakes, then I'm planning I reprint all. If you bought my book, I'll give you the new one, so please contact me. 
For someone who want to buy this book, please wait. Thank you.

卒業式を終えた後、まだ奨学金をいただいての製作期間が三か月残っているため、必要ならばメールで教授にアドバイスはしてもらえるんですが、基本的には自分一人で制作を進めねばなりません。とりあえずこの一年間、というか三年間で得たものの総括というか、とか考えてはいたものの、やっぱり結果的には「今できることを、一生懸命やる」という、ただそれだけなんですけども。。
今は、完全にチェコ語のみで書いた『マラー・ヤポンカ』の「日本語字幕版」を制作中です。
翻訳をしつつ、例によってレイアウト直しては印刷して、の繰り返しです。
After graduation ceremony, I still have 3 months for creating because of my scholarship continues until the end of September. I slowed down of my working time but continue working. Now I'm making the Japanese version of "Mala Japonka". It's not really the Japanese version, I'm making it like superimpose the movie. I add small captions of Japanese translation beside the czech main sentences.


卒業した後、すぐに制作を続けたかったのですが、さすがに一年間の多大なプレッシャーと目に見えぬ何かと締切と闘い、その直後は展示が始まって毎日スタジオ見張り番のために学校に通い(見張っていてすら、この国ではすぐに作品が盗まれるのです。私のも盗まれて辛かったです…)、その後「ディプロマディフェンス」という作品講評会と批判とそれへの反論という一大イベントがあり(これを通過して初めて卒業が決まる)、その後も見張り当番があり、片付けがありという経過の中で相当疲れきってしまっていたらしくて、元気が出ないまま二週間ほどはゆっくりせざるを得ませんでした。(じわじわ日本語版の作業などは続けていましたが)いや、さすがに消耗してたみたいです…。最近やっと、徐々に元気になってきました。制作期間中に行けなかった病院通いなどもやっと行けました。(問題だらけっていう)
作りたい作品や試してみたいスタイルなど、あまりにもたくさんあります!早く再開したいですね…。だけど、まずは体…です。体がちゃんとしてないと、気力も充実せず、いいもの作れないので。
学校生活の中で得たものは本当に多大で。いずれちゃんとまとめたいと思います。
After graduate, I wanted to continue working immediately, but I was exhausted with final work and thesis, and pressure from it and defense of my diploma work, and studio guarding while the exhibition, etc, etc... so these around 2 weeks I needed to slow down my pace. These days I feel better, so I think I'm recovering. But not completely! Therefore, I have so many things to want to make. I want to test some new illustration styles, want to write new stories, etc, etc... hmm it's difficult... anyway, I'll try to take a well rest and prepare for concentration to my works again.



さて日常編。
Then, about daily life.

とりあえず、チェコの夏も暑いです。夜は涼しくなる日もありますが、熱帯夜みたいなものもあり、全く眠れない日もあります。。なので昼間も、暑すぎて仕事できないことも多々…。少々困っております。
というわけで滞在三年目にしてついに扇風機を買いました。。こんな小さな扇風機ですが、なかなか役立ってくれています。ないより全然マシ!湿一日中回しっぱなしです。。
In this country, summer heat is better than Japan, but still in the afternoon I can't work because of the heat. Then, finally I bought a small electric fan. It's not powerful, but much better than nothing! I need it all the day...


卒業して忙しさのラッシュが終わったおかげで、少しはプライベートな時間が持てるようになりまして、たまに友達と(ビールを飲むという名の)夜のピクニックしたり、食事会をしたりしています。ストレスから解放された後のお酒のおいしさにびっくりして楽しく飲んでいたら、せっかくちょこちょこ減っていた体重がちょっと戻りました。(;´ー`)
Then, these days sometimes I have some small home parties or picnic with my friends... I feel happy and ease.

これは日本人友達のくまこと、お魚&エビで。日本だ!と叫びながら食べました。(笑)すごい美味しかった…。日本酒も飲んじゃったよ。おいしかった…。。皆、日本から持って来たり送ってもらったり来た時に持ってきてもらった秘蔵の日本酒だとかを持つようになってきます。笑
This is a dinner with my Japanese friend Kuma, eating roasted shrimps and baked fishes... hmm. nice. We ate it shouting like "Yeeeaah this is Japanese!" :-D haha.


あと、夏だからなのか、水出しコーヒーにハマってます。お茶パックに、水200mlにつきコーヒースクープ一杯強のコーヒー粉を入れて、冷蔵庫で一晩放置するだけです。おいしいね…。ほんとスッキリした味に仕上がるので、お勧めです。コスパがいいのか悪いのかは分かりませんが、少なくともチェコには「アイスコーヒー」は売ってないので、猛暑の日もある今の時期は、とても助かります。ほっとしますね。。
These days I often make "ice coffee". It's very easy. Just put coffee powder on some paper bag and put it in the water, and wait one night. It's clean and nice taste.

常備。


あとは、室内でも緑が生い茂っています。
観葉植物にハマってから、なんだか順調に増え続けています…。
Then I just want to introduce my foliage plants (although almost all of them are poinsettia).

まず、たった五枚の葉っぱからスタートしたこのポインセチア。
根っこが生えてから土に植え替え、三ヶ月が経過…
It just start from 5 leaves, but the root soon appeared, and 3 months past... I put it to the pot, and rooted easily!
むちゃくちゃスクスク育ってます。
Big thick leaves it has now.

それから根が出てくるまで結構かかったこちらの子。
この状態のまま二ヶ月以上待ちましたが、ついに根が出て植え替え。
This one needed 2 months until the root appeared.
ちょっと見づらいですが、左の鉢、下から新しく元気なのが出て来た!ので、増えた!
というわけでその子をまた切って植え替え
Then he had a new "baby" branch, then I cut it and waiting for new root.
Now he looks like that.
現在はこんな状態。(左)

ちなみに右側のはバジル。
なんとスーパーで鉢でハーブを売っているのがこちらでは常識です。
夏になり、暑さ対策もあってか体がカプレーゼを求め、毎日のようにカプレーゼを作り続けた結果、
Right one is basil.
Beginning of this month, I really wanted to eat Insalata Caprese everyday, so I made it everyday, every night, then basil leaves are... 

こんなにあったのに
食い尽したっていうね。
あと買ってきた時点でかなり根が回っていたので、小さい鉢のまま様子見てたら案の定栄養が行き渡らず枯れるものが続出したので今は数本しかおりません。でかい鉢に替えたいですなぁ…。
...easily gone away.
Now I have just small leaves on it.
Hmm, I need to wait!

植物は、育てられるか不安だったので今まで自分ではケアせず、友達に貰ったものを友達任せで、水だけあげて楽しんでた感じだったのですが、一度植え替えとか挿し木とかやってしまうと、もうね…。戻れないね。(´▽`)楽しいです。。お金全然かからんし。
その友達から譲り受ける際、私でも面倒ちゃんと見れるかな?と不安を伝えたら「君なら、植物たちが今何をしてほしいかが分かるはずだから、大丈夫」とよくわからないことを言われ、ホントかよ?と思っていたのですが、最近思う。
「私…分かる!」(´▽`)
土が足りないとか、水が足りないとか、こうしてほしいと植物が言ってるのが大体分かるようになりました。やっぱ植え替えを自分でやったから、原理から体感として覚えたようです。
それと、枯れた枝を引っこ抜いたりするのも、以前まではなんかかわいそうでやりづらかったりしてたんですが、自分でやるようになってからはわりと平気でごんごん抜けます。何だろう。「仕方ないよね、やるだけやってこうなったのだから」って思えるというか。それと、新しく出た芽を残して育てるために今ある枝を切る、とかいうのも、今まではなかなかできなかったのですが、植え替えたらちゃんと増える!と分かってからはごんごん挿し木しています。(´▽`)いやーもう何これ、面白い。だって土しかいらないしね。それがすごい。土の凄さ…。リスペクト!大地!(謎テンション)
I worried about whether I can well take care of the plants, but my friend who gave me some plants said: I think you'll understand what they need. It was mysterious for me first, but soon I understood what it means. In addition, by starting rooting new plants 



えーあと、卒業制作中行けなかった病院というのが、ひとつは歯医者、ひとつは、何て言うんだろう…。皮膚炎?みたいな。が、すごく酷くなってまして。昨年11月から放置していた左足首外側の酷い炎症がありまして、最近どんどん広がってきてたんですよね…。痛くて靴が履けず、サンダルですらときどき当たって痛かったり、太陽の光が当たると痛かったり、ズボンのすその布がこすれても痛い…まぁ要するに何をしても痛くて。あまりにひどかったので写真のせられませんが…。
で、先日やっと行って、薬貰ってきました。
Since last November, I had a dermatitis on my left ankle. It'd been worse and worse, but I had no time until I finished diploma work and thesis... then finally I could go to the hospital and got medicine after graduate.
普通のステロイドの抗炎症剤ぽいです。
細菌性などではないだろうとのことで少し安心しましたが、まぁこれを一日一回塗ってしばらく様子を見ろとのことでした。
今が真夏の真っ盛りということもあってか、炎症が引きづらい感じがしますが、かゆくて皮膚がボロボロになって常に汁が出てるみたいな状態はなくなりました( ´∀`)はい。…酷かったな。。やはりストレスとかで悪化するやつだそうです。いやもう、仕方ないよねこればっかりはね…。ストレスなしで生きてけるわけもなく。まぁ推して知るべしてな具合です。
Maybe normal cream medicine.
It's hot summer now, so inflammation seems to be hardly cured. But the worst situation has already gone. Whew...  And doctor told me that this inflammation get worse with stressful situation. Hmm, yeah, I was really stressed by the deadline... yeah I know :-"


そしておもむろに食べ物編。
And suddenly about foods.
平らな桃。不思議だった…。味は普通の白桃で、すごく美味しかったです。でも平らなの。
Flat peach. It was the first time for me to see such a flat-shape peach... but taste so nice!
and mandarine & blueberry were also flat-ball shape. was interesting.

一時期ハマりまくっていたカプレーゼ。バジルの鉢植えの枯渇と同時にブーム終了。と言いつつ最近はバジル風味のオリーブオイルをかけることで続いています。やはり夏はトマトや。
Tomato is really perfect for summer, I think! My body needs it, so these days I often make it. 

飯テロです!鴨の腿肉。ふほほ
Yeeeaaaah I do love it! Duck confit.

近所のイタリアン屋で出してる、ほぼ餃子としか言えないもの。
かけてあるのもオリーブオイルとワインビネガー…餃子やないかっ!このいつでも行けるのですが。
最近は別の友人のお宅でも餃子をごちそうになったりして、なんか餃子には困らなくなってきました。にわかに。居住三年目が終わろうという今にして。
Is this "Gyoza"...? No, it's italian. I can eat it at an italian restaurant near my flat. But it's really like... Gyoza, Japanese dumplings. Ground pork meat is wrapped, and eat with vinegar and olive oil... hmm, really like Gyoza! I like it and feel happy.


宝物コーナー近影。
Small beautiful things who someone gave me. It's treasure.

ふぅやばい!夜になったら涼しくなったので窓開けといたら、次々に見たこともない虫たちがランプのあたりに集まってるぅ!国へ帰れ!国へ!あ、俺か!
というわけでたったの一週間、用事を済ませたら終わってしまう帰国をちょっとしてきます。今回は完全に自分のための休みです。。ありがたや。
Then, hey, I have a very short summer holiday in Japan from today. So bye-bye for 1 week :-)
Mejte se hezky leto! Ahoj, Ahoj!

ではまた!

週刊不定期日記6月①


超お久しぶりの週刊不定期日記です。
これが書けるのも、山場を超えたからこそ、です。
論文提出と本の中味の完成&印刷受け取りが終わり、一番の重圧から解放された昨日から、毎日ちょっと雨が降ったり晴れたり、風が吹いたり止んだりするだけで、世界の色が変わって、感激して写真撮ったり、ずーっと風景を眺めてしまったりしています。
それでなくとも何だか最近は、窓の外を何度も眺めてしまいます。



なんて、きれいなんでしょう。
なんて美しいんでしょう。

制作中、如何に外が見えていなかったか…。
もちろん、見ていたつもりでした。感じていたつもりでした。でも、いつも心は上の空で、どうしたら本が良くなるのか、どうしたら完成できるのか、あれをしなくては、これが間に合わないかも、大丈夫だろうか…そんなことばかりが心を占め、徹底的に戦って来た一年弱。
頑張って、よかった。心の底からそう思います。本が完成したからこそ、です。完成しないと、達成感や解放感は絶対に味わえません。
去年、いいアイディアは出ていたのに完成にまで持ち込むことがかなわず、自分で自分にショックを受けて去年の今頃は一時間も起き上がっていられないほどの体調不良になってしまったのを思い出します。あの時の悔しさは途方もないものがありました。自分を否定することしかできなかったんだと思います。あんなに体を壊したのは久しぶりでした。
あの時の分も、今年は何をしてでも、何を犠牲にしてでも、絶対に絶対に完成させてやる。私の必要なものをつかみ取ってやる。そういう覚悟で臨んだ一年でした。
必死で必死でやってきたから、やっている最中は実感がなかったけれど、ポーラ美術財団へ中間報告書を書いたり、制作の総まとめとして学校へ提出する論文を書いている間に、自分が得たものや成し遂げたものに対する実感がじわじわと湧いてきました。こういう時、文章にして報告する先があることを私はとても有難く思います。アーティストの仕事って自分自身ではなかなか評価しづらいし、満足できるということもないので、得たものよりも課題や達成できなかったことばかりが目についてしまうんですが、客観的に冷静に報告するために事実を並べていくと、ちゃんと自分が頑張ってきたこと、今まで決して得ることのできなかったものをきちんと得ることができたんだと分かります。そのことが、大事だと思うんです。

本の作品を作ってると面白いのは、本は何度も評価を受けるということ。
絵って正直、個展に一度出したら、売れたらサヨナラして売れ残ったら手元に戻ってきて保管されて、あとはまぁポートフォリオやウェブで時々見てもらって「これ好きだわ」と言われるとか、そんなものです。
しかし、本は作ってから二年経って「この本すごく欲しいんです、在庫ありますか?」なんて問い合わせが来たりする。ありますよ、とかないですよ、とか言うたびに、この本は評価を受けているんだと感じたりする。しかも見る側の人に常にそれを購入する権利があるというのは、本当にすごいことだと思うんです。これこそが、私がファインアートを主とすることを辞めた理由です。いいえもちろん、これがファインアートの劣っている点だなどという愚かなことを言うつもりはありません。ただ、私の生き方や価値観には全くフィットしていなかった、というだけのことなのです。

イラストレーションを描き続ける一年は、正直に言えば、すごく辛かった。特に最初は辛くて、描き慣れてきたという実感が湧いたのは、実は5月の終わりです。本の本文に入れる絵をやっと全て描き終わり、本のデザイン直しも終わり、あとは表紙のオマケにつけるスゴロクのために大量のカットを描き下ろすか否か、となった時に、どうせなら悔いのないように描けるだけ描いて全部入れようと思って描き始めた時が、一番楽しかった。。今までやってきて今一番楽しい!って思いました。キャラが勝手に動いてくれるというか、すごく楽しい感覚でした。どうして本文ではこれができなかったんだろう。。て思うけど、本文は本文でいいんです。気合い入れて描きながら細部で遊ぶという形で。でも、五月の終わり、初めてイラストを描くのが楽しいと思えた。あの感覚は、得難いものでした。嬉しくなりました。遂に報われた、という感覚がしました。
このあたりは、キャラが勝手に動いてくれるようになってたので、描いてて楽しかったです。


それともう一つ、チェコに来てからの収穫は、自分が文字を書くのがものすごく好きだと気がついたことです。
最初は"A Ballet Girl"を手書きの筆記体で書いたことでした。
あれも最初はうまく書けなくて大変だったんですが、書くほどにとにかく楽しくなってしまい、描き終わる頃には「もっと書きたい!」と思うほど好きになっていました。筆記体中毒とでも呼べるほどに。
その後、カリグラフィーの楽しさに目覚め、カリグラフィー作品を作ることをもくろむほどハマりましたがスタジオに却下されたので控えたんですけども、その頃作り上げたベースがまた役に立っています。
それをしながら実感したのが、日本語を書くのも好きだ、ということ。どうせ私は書道も分かってない人間だし、エセでいいや、と思って好きなように文字を筆で書いていたら、なんかこの字好きだなぁ。と思うようになり、最終的に今回の卒業制作の本、マラー・ヤポンカの表紙は、手書きのカリグラフィーになりました。

私はわりとぶちゅっと潰した丸っこくて隙間の少ない描き方が好きなようです。
逆に、細い字が嫌い。

シルクスクリーンで印刷中!これに黒の版が乗ります。乞うご期待。

うちのスタジオが、手書きの文字をかなり使いたがるスタジオと言いますか、そこにこだわりがあり、生徒たちもまた手書きのいい感じの字を書くのがうまいんですが、決してカリグラファーのように上手なわけではなく、イラストレーションとマッチするようにうまく調節してるというか、頑張りすぎてないというか…。そこが上手なんです。やっぱり大事なのは「気持ちよく書く」ことじゃないか、と。気持ちよく書いていれば、読み手にも気持ちよさが伝わるからです。のびのびと書いてあるものを見たら、ちゃんとのびのびとした気持ちが伝わります。逆にカチコチに考えたつまらない絵や文字を見れば、つまらない気分にさせられます。そこらへんが、実に上手なんです。
その中で私もこういう、自分がのびのびと気持ちよく描けるスタイルをやっと見つけ出すことができました。カッコつけるんではなくて、ラクに、気持ちよく、たのしく描く。そうできる状態を作る。そうできなかったものならば多分発想が間違ってるので、取りやめる。そのへんの姿勢は、徹底的にスタジオで学ぶ中で叩き込まれたと思います。

叩き込まれたといえば一番のものは、この三年間ですっかりイラストレーションというものが大好きになってしまった私自身だと思います!
正直に言って、日本にいる時にイラストレーションにここまで興味を持ったことも、入れこんだこともありませんでした。これは100%、チェコに来たからだ、ということです。もしかしたらチェコ以外の他の国に行っても、私はこうはならなかったかもしれません…いえ、絶対にならなかった自信があります。ボローニャに今年の春行ってそれは確信しました。私はチェコに来たからこそ、イラストレーションの魅力に取り付かれ、ハマり、頑張りたいと思ったのです。


……あれ、なんだかすっかり語ってしまいました…。卒業制作レポートになってしまいましたね。
え、英語どうしよう…。…後日またやります…とりあえず日本語でアップ。

Working diary / Mala Japonka

2年ぶりぐらいにトップ画像を変えました。2年が経つのが早すぎる…
少しブランニューです、多分7月にはもう少しブランニューにすると思います。今は暫定ブランニュー。
I changed the image of top page of my website. Last time I changed it was 2 years ago. omg, time flies...

というわけでお久しぶりです。
何も確定していないのですがとにかく我が作品が完成に向けて突っ走っていらっしゃるところです。
がんばって作品をサポートしたいと思います。(あえて他人事形式でのコメント)
ネタが溜まりまくっているので、これから暇を見つけたらちょこちょこ分類別にアップしていきたいなぁと思っています。
まぁ本当に今大詰めの時期で何も終わってるわけじゃないんですが、不思議なもので本当に完成が近くなるとこうなるんですね。四月や五月の方が精神的に追い込まれてて死にそうでした…というか死にたいばっか言っていました。(追い込まれるとそういうことを口走ります)今の方がマシ。。ですっ。作業頑張ります。
2 months past since my last blog... ah. ok. anyway i will write and upload some photos and texts when i have time.

一応ほぼ全てのインクを使う制作や修正作業が終わりました(と思います)。
借りている部屋の机を汚さないために敷いてた厚いボール紙、こんなにインクをこぼした跡が…。幾度となくインク瓶をひっくり返していることがモロバレですね。敷いといてよかったです…。インクもだいぶ消費しました。
I think I already (or almost...) done all the works with pen and ink.
On the desk you can see how many times I spit the ink on it.

あとやっとカッターマットを買いました。(朝の光で写真が青い…)
今まではやはり厚紙を敷いて切っていましたが、ボロボロになってくると切り口がガタガタになる…ので…って当たり前なんですけども…。どんなケチ根性だよと思いますが、カッターマットを買った方が安いと思えるほど紙を切って初めて気づけたというか。。ほんとに、つい数日前に買いました。もう快適で快適で…。切り口もきれいだし…!笑うわほんと…
I'm almost everyday cutting many papers at home, but I hadn't have this cutting mat. It was crazy tough to cut beautifully without this... (I know it's natural...) but finally I bought this cutting mat just a few days ago. Soooo comfortable! Easy to cut! I can work anywhere! Hm, I know I should have bought it more earlier... but now im happy.


というわけで本の中表紙が見えておりますが、今詰めの段階でもう少しで印刷にもっていけるというところです。ここまで来るのにどんだけ頑張ったことか…。あんまり自分で頑張ったとか言いたくないんだけど、今回ばかりは頑張った以外に言いようがない…。
Then about my diploma work book... you can see in the center.

プロの人がチェコ語の校正をしてくれています。アホみたいな間違いもやらかすし、全然私には分からないミスもありますが、とにかくチェックしてもらいます。
チェコ語あるある……同じ人がチェックしてるのに違うことを言われる。前回その人が直したところを「チェコ人はこうは言わない」と直されたりする。ミステリー!でもそのぐらいチェコ語って「誰も本当の正解は知らない」言語だと言われます。文法はゴリゴリにありますが、語順が適当なんですよ。すごいでしょ。英語の方がよほど厳しいです語順に関しては。
というわけで言語チェックも二回ほど直接学校に来てバーッと見て直してくれて、終わりました。
Professional editor checked my czech language.
In this work so many people helped me with language. Thank you so much!


中味の絵。
一枚の絵に数枚のトレンシングペーパーのレイヤーを作っていてそれが何十カットとあるので収拾がつかなくなり、一枚の絵ごとにまとめたらすごいスッキリ…。はやくやればよかった!
I needed so many transparent papers layer for 1 picture, so I had to put those layers in folder. Then it's nice.

まあまあ見づらい写真ですみません。
例えば一枚の絵にこれだけのレイヤーが必要です。線画の上に、物ごとの特色レイヤー、家具の濃い茶色のレイヤー、影のレイヤー、床の影のレイヤー(接地点をしっかりさせるために、トレペだと薄く出過ぎるので床だけは紙に塗ります)、そして背景、これでもう六枚。
更に色みがコピックだけだと足りないところ、「弱い」ところに、パソコンで下に淡い色を敷いて補強してしっかり出させたりもするし、セリフの直しが入ったらその上に重ねて直しのスキャン画像を入れていくので、とにかく一枚ずつが重いです…。でも完成するまではレイヤーを削ると後の作業で必要になった時に修正できませんから、とにかくレイヤーが増えます。
For 1 picture, I need many layers. For spotted color, for shadow, for dark color of table and chairs, shadow on the floor (it should be more certain than normal shadow, so I painted it on normal paper), and pen drawing and background pic. And I add some color layers on the computer, so 1 photoshop file has many many layers... too heavy to work...! but I need it because when I have to correct somewhere, I need such working layers. Then layers are increasing...



これらは、絵本の表紙にポスターカバーをつけることを思いつき、日本ではおなじみのすごろくをチェコ語バージョンでつけることにしました。その時のメモが上、下は絵が増える前のすごろくです。
このあと絵を倍ぐらい足してみっちり埋めたのでこのスカスカの面影は今どこにもありません。
Planning memo of cover poster. It's Japanese play (for children, and also for adults) "Sugoroku". In Czech, it's called "Člověče nezlob se!" ...it means "People, don't be angry!" ...it's so interesting! Japanese don't be angry with this game?... hmm, I'm not sure... but anyway it's very interesting point for me.


これは描けなくて苦しんでた四月前半ぐらいの時期にふと描いて、ちょっと気に入ってた絵。
これを表紙に使おうとしたけどつまんなかったのでボツになりました。笑
an illustration when I wasn't work at all. (slump)
Drew it and I felt better, so I was going to use it as a cover illustration, but it couldn't. lol

本が完成したらまたきちんとアップいたします。
とりあえずご報告 (なんとなく。とにかく、なんとなく)。
次のブログは多分「植物編」。

see you next time!
I wanna upload photos of my plants.

納得への道程

今日のはただの今の私の思考です。
長い文章や手記類に興味の無い方、嫌いな方には何の意味もない記事ですので、どうぞ通り過ぎてくださいませ。


 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


スランプのような状態が続く中、3/31〜4/1にボローニャ国際チルドレンブックフェアに行きまして、更にいろいろと思うところがあり、頭の中がまとまっていないので、とにかく書き出したいと思います。
ヨーロッパでもがいている、一人の小さな絵描きのある日の頭の中です。


 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


何かの狭間にぽとんと落ちてしまって、上がってこれない時、というのがあるものなのですが
今、そういう時期です。
もう三週間以上ぐらいこんな状態なので、それはもう物凄く焦りもあるのですが、どうにも致し方ない。
こんな時はせめて、書いて整理をする。


自分が目指すものが「絵本画家」でいいみたいだ、ということを、ボローニャに行って見つけました。これは、私の遅い歩みの35年の人生の中で初めてのことで、とても大きな意味を持っています。「絵を描く」ということ以外の指針を何一つ見つけられなかった私の人生の中で、初めて見つけた目指す指標だからです。
そしてもう一つ、今作っている本に関してどうにも分かってしまった欠点?課題?もあります。それは、私にはまだ、絵本や印刷の世界で「色」を使う力が充分についていない、ということ。絵だけなら大丈夫なのですが、今の環境ではブックデザイン含めて全て自分で考えて、それらを鑑みながら絵作りをしていくため、そのグラフィック力がまだついていないと実感しているのです。三年間で間に合わなかったということは、卒業後も全部を自分でやろうとするのではなく、むしろ自分は絵に専念して絵を描かせてもらうチャンスを勝ち取っていき、デザインは専門家に任せるという形になれるよう努力していった方がいいだろう、というのも冷静に見えてきました。それをやりながら、色をも使いこなす力がついてくるかもしれませんが。
それが、もし本全体が黒一色なら、一年生の時からできてたんです。特に苦労もなくできていた。絵や文字を本の画面にどうはめこめばいいのか、どうすればバランスが取れるのか、分かるんです。黒の比重なら分かる。黒の世界でなら、私は負けない。
でも、色が入ると、まだ比重が分からないみたいなんです。画面の中で、何がどのぐらいの重みを持っているのか、どうしたらおかしくないのか、どうしたら自然に見えるのか。白黒でなら分かるということは、その感覚の基礎、礎は私の中にちゃんと存在している、持っているということだと思います。でも色は難しい。色には全然違う方向性、重み、比重、雰囲気、意味するものがあります。それらが画面の中であまりにも交錯してしまう。シンプルになれないんです。私はシンプルになることに関しては非常に強いのですが、複数要素たちが交錯する画面でそれらを自然に成立させるというのはわりと昔から苦手です。一つの芯を見つけて爆走することなら本当に得意なんですが…。得意の爆走ができないもんで、どうしていいのか分からなくなってるみたいなのです。二年目からが非常に苦しかったのも、このせいです。辛い、苦しい。だからといって、今の本を白黒でやりたいとは、やっぱり思えない。。あの本にはやっぱり色が欲しい。でもこのまま同じ制作方法で続けるのはなんだか単純作業を繰り返すだけに思えてしまって、どうしてもモチベーションが上がらないのです。集中力を切らしては、魅力的な絵も描けません。人に見せてもそこは見抜かれます。そうして、どうしよう、と戸惑ったまま、三週間が経過しているのです。
毎日毎日、今日こそはと思っては、まだ無理な自分が一瞬でぶつかってきて、脳しんとうを起こしている間に一日が終わる、というような状況です。ボローニャに二泊三日行けばリフレッシュになるかな?と思ったのですが、ボローニャは殆ど絵という仕事のことしか考えず、観光も寄り道も殆どする時間もなかったビジネス旅行みたいなものですから、リフレッシュよりストレスの方が多くなってしまった。自然、仕事がはかどるというよりは、本業に関する大きな収穫を得るのと引き換えに、現在に対する集中力の真逆へ行ってしまった、そんな印象すらあります。

きっと、ちゃんと起こるべきことが起きているんだと、それは分かるのです。
でも、やるべきことをやれてるのかどうかが、すごく不安です。心配です。
とても怖いです。
それでも今は、じりじりと。じりじりと。何かににじり寄っていくような…。部分なんです。

今回ボローニャに行って、世界では普通子供向けの本はこうで、イラストレーターに求められてるものはこう、ていうのを見て、あぁそうだよね。て思いました。チェコはやっぱり特殊なんです、文学的で文字が多い。それはチェコでは喜ばれるんですが、ボローニャで何人かの編集者にチェコで作った本を見てもらったとき、絵はいいけど文字が多すぎる、文字がいらないと言われました。あと詩の本も持ってっちゃったので、これはアートブックだろ、子供向けちゃうやんと言われて、そりゃーそうすよね、と普通に思いました。w 絵本がどういうものかなんてことが全くピンと来ないまま日本を出て、直接チェコなんていうちょっと特殊な国に来てこの国の本ばかり見ていたおかげで、私のセンスもなかなかズレつつあったようで(それは私がもともとズレてたからなんですけど。笑)、ボローニャ行って、作品見せてアドバイス貰った時、まぁそうだよね。のオンパレード。まったくもって仰る通り、と。
ただ、多分私の強みがあるとすれば、私がそれを天然でやってなかった、というところだと思います。もし私がとても若くて、自分の画風や方向性が分かってなくて苦しんだとしたら、今私はもっと苦しかったはずです。自分の何がここで通用しないのかが分からないから、です。ただ、私は今回、自分が何をしているか分かっていた。だから、言われた時に、あーそうかなるほど、とすぐ分かったし、自分がこの先何をすべきなのかもなんとなく分かりました。
それから大きかったのは、過去の自分の伸び伸びとした描き方で、そして今は「本を作るための絵」というものが理解できたのでそれを理解した上でイラストレーションを作ればいいのではないか、ということです。この手がかりを得たのは大きかった。もちろん、本当に今私が思っているその方向で合ってるのか、上手くいくのか、仕事に繋がるのかはまだ分かりません。だけど少なくとも、今私はチェコで過去の自分の絵の描き方を完全に捨てた状態で本を作るためだけにイラストレーションや文字を描いているのですが、それと過去とが、自分が本来本当にやりたかった方向で一本のラインになり、繋がるという可能性が出て来た。そして恐らくそれこそが、日本時代ギャラリーで展示していただけでも、チェコで本を書いているだけでも得られなかった何かへとやっと繋がる唯一の道であり、自分が最も力を出せる「自然体」の最高の状態へ行けるたった一つの方法なんじゃないか、と予感した、ということです。
誰にも何も、まだ全然分からないけれど、可能性が初めて見えてきていて
しかもそれには、まだ更に時間がかかりそうだということ。
私ののんびりした、不器用な、要領を得ない生き方では、まだかかるでしょう。
それでも、絵を描きながらも未来が何も見えなかったあの頃よりも、本のための絵という文脈をこつこつと学んでいる今よりもこの先には、恐らく、恐らく。繋がっていくんじゃないかと。初めて、この世界と私が充分に繋がる方法が見つかるのではないかと。そう、感じたのです。


日本でこれらのことについて、知識としては知っていたけど、全く実感として掴めなかった自分。
こっちへ来て初めて、あぁあれってこういうことかぁ、て納得したりしてるんですけど、日本を出ない限り、私にはそれを理解することができなくて。
自分が主観的で、客観視の難しい人間だということがよく分かります。
日本を出る前は全てが混沌としすぎていて、ほんの簡単なことすらも全く私の目には見えていなかったので、今回の一見異常に簡単に見える結論も、れっきとした収穫です。これを当たり前だろうとは思わない。私が納得できなかったから、全て自分でやるスタジオを選んで渡航してきて、そして私は今、納得したわけです。頭ではなく、理屈や入れ知恵ではなく、自分の人生の責任において、実感と経験を積み重ねた中から初めて、心から納得できたというのが重要なのです。これなしに生きて、活動を続けることは不可能だったからです。ギャラリーで絵の展示をしてた時代から既に、本を作りたい、という気持ちは強く(もともと、初めての個展がシッダールタでしたから)、結局ファインアートとして四回の個展をした後に私が出した結論が「本に挑戦しなくてはならない」ということ、そしてプラハに出会って「イラストレーションをもう一度、本を作るために学ぶ」ということだったわけですから。私はここまでやらなければ理解できない、納得できなかったんです。やらないで分かるに越したことはないかもしれません。でも、私には分からなかった。日本にいると目が塞がってしまっています。他の全てのことは、そりゃぁもちろん日本にいた方がいいでしょう。でも、一番大事な部分が、私に見えないままならば、私はやっぱり、そこに居ては駄目なのだと思うのです。納得しないままでも、「生きているフリ」はできます。「なんでうまくいかないのかなぁ、こんなに頑張ってるのに」って、言うことはできます。でも、そのまま死ぬ。それが自分で許せなかったのです。私にはその生き方はできない。常に積極的にグイグイ行ける性格じゃありません。遅れならいくらでも取っています。それでも、それでも、私は自分を諦めないのが不思議です。でも、諦めていないのなら、終わりじゃない。次の道しるべすら、私の道は見せてくれました。
その感触がとても強かったので、今この瞬間としては何をしたらいいのかが、正直また分からなくなっていて…、また困っているという次第です。徐々に時間が追いかけてくる。まだ立ち止まっている。立ち止まっていることが、死ぬほど怖いのだけれど、手が動かない、気持ちが動かない以上、どうしようもありません。今という時間は、本当に形容しがたい時間です。



ともあれ、改めて今回思ったことは、私は、海外に出てよかったということ。私という人間には、そのプロセスなしには自分を活かす方法が永遠に見つからなかった、それはれっきとした事実です。不器用でダメな人間ですが、動くべきときにギリギリ間に合って動くことができて、本当に年齢もギリギリですけれどこうして奨学金などのサポートをいただいて動き、気づくことができた。

ギリギリでも何でも、その資格を有していてそのドアをくぐり抜けたのなら、お前にそれだけの力があるということはまぎれもない事実なんだ。

これは、私が留学の時に言われた一番力強い言葉であり、同じような状態の子を前にして自然と自分の口からも出て来た言葉でもあります。私の留学のことを、妄想だとけなした人がいて、その話を聞いた友人が言った一言でした。
今でも、そう。自分のことを、どうしようもない人間だと思う度、「事実」にだけ背中を押してもらっています。
ギリギリだから駄目なんだとか、遅いとか落ちこぼれだからとか、言い訳しながらも決してその道から退こうと、しないじゃないか。
ていうことは、私はまだ、私のことを諦めていないんだ。
今回、改めて思いました。
私はまだ自分の絵の力を信じているし、自分の絵の力は信じるに値するものである、という評価が、私の中で決して揺らがない。
だからグズグズ言いながらも、もう嫌だ死にたいとか言いながらも、それでも前へ進もうともがく。あがく。スマートでも賢くもなんともありません。だけど、私は自分に力が在ると信じている。私の絵には、必ず良い力がある、と私は信じているのだということを、今回、確認することができました。

自分の本当の気持ちには、背けません。決して、それは、できません。

今は、いえ、今も…
とにかく、自分と向き合い続けることにします。

Weekly Diary March vol.2 / 隔週日記三月②

ここ二週間は、こんなに長いこと(既に半年、あと三ヶ月)一つのプロジェクトに取り組んだことがないため、遂に限界が来たというか、心身に酷い疲労を感じまして、これはもうどうにもならんと思い、先週一週間は特に心の疲れを取るように心がけて過ごしたところ、なんとかリフレッシュできて冷静になれたので、今週からまた再開し、再度コンサルに持ち込みまして、なんとか折り合いがついてまた先が見えてきたようなところです。
文字の大きさや行間、絵とのバランスといった細かい点までコンサルも詰めてきてます。校正もぼちぼちやってもらっています。
自分でもなんでチェコ語で書いてるのか分からないんですけど、去年描いてた絵本のデータを昨日ふと見たらやっぱりがっちりチェコ語で書いてあって、なんか分からないんですけど自分で笑ってしまいました。あぁ、そうなんだぁ、って。。
チェコに来た当初から、ゆくゆくはチェコ語で絵本が描けるレベルになりたい、と言っていまして、もちろん自力ではまだ全部書けるはずがなく、チェコ語の先生や学校の先生、校正の人に頼んでいるわけですが、それでもやはり、何はともあれチェコ語で書いてる自分、てのがかなりデカいなと実感します。
なんか、面白い人生ですね。何なんですかね。笑います。ははは(´▽`)

Last week, I felt very deep tiredness of mind and body (especially in mind, because I'm plugging away everyday at my diploma work for half year. It's first time for me to doing such long project...) so I intended to rest enough, then from this week I felt better so I resumed my work, then it works again.
These days, on the consultation at school, we talk about to the very details, like spacing of letters or sizes, balance with pictures, or touch of pen drawings, or so.
Sometimes I feel a little bit curios that I'm writing this picture book in Czech, but actually I started it very naturally. Yesterday I saw my another picturebook that I was drawing last year, and it was also written in Czech, so I laughed. I'm Japanese, I'm now in Czech Republic, I speak English and a little bit Czech, and write books in Czech. It's interesting life.


もうあと遂に、ベッドサイドで描き始めました。
とにかく一番大事なのはペン画なので、ベッドルームという「ごくプライベートな空間」に持ち込むことで、作品に対してがちっと描けるように持っていくことにしたのです。
で、夜にだけ描いてます。夜の方が集中できるのです。
で朝起きたら消しゴムかけて、スキャンして、色塗りの準備をしたりまた合成したり、って作業をして、昼少し休み、暗くなってまた作業に取りかかります。最近はそんな毎日です。
And from this week I started drawing at my bed side.
I can concentrate to the pen drawing, so it's better, because the pen drawings are the essence of the book. It's most important part.
I draw in night, and sleep, in the morning I wake up and erase the pencil drawing from it and scan the picture, color it, etc. These days I work like this.


では日常編。
then daily life.




日本人の友人が、MUZEUM(国立博物館)で音楽演奏をする仕事をしており、初めて招待をしていただいて観に行ってきました。
建物も環境も音の反響具合ももちろん演奏も!素晴らしかったです。
あぁ、チェコって感じ…。(笑)
なんだか、夢のような体験でした。
峰央ちゃん、ありがとう!
My Japanese friend has a job to play piano at Muzeum!
It was really amazing night. Thank you :)

 私が深い疲労を感じて絶望的になった日、ネットもブッ壊れました。
…突然モデムが動かなくなりました。
このご時世に家のネットが止まると、ほぼ停電と同じ感覚がします。停電の次に嫌なものかもしれません。。生きるのには困らないけど、その次に困る、という逼迫感です。
とはいえ疲労していた時期でしたから、「ネットダイエット」する時期だろうとも思ったし、自分の疲労が伝わってリンクしたかなーとも思いました、電気関係ってそういうのデリケートなんですぐ反映しますからね。
というわけで新しいモデムが来ました。ちょっぱやで来ました。ネットダイエットは3日で終了でした。
On the day I felt deeply tired, the internet modem also broken. ( I don't know why)
Then I told it to the company, I got the new modem 3 days later.
なんとなくガンダムっぽいですね。て思ったのは何でだろう。
そして今までの二倍の速度が出るようになりました。おぉ…。
Now the internet at my home is twice faster than before.
Ooo great...!

最後の一踏ん張りで、たまに奇跡が起こって10分だけ繋がったりしてなんとか知人との用事を足したりできていた、旧モデムくん。
ありがとう…ありがとう!そしてさようなら!
This is the old one.
Good bye! Thank you so much for working hard everyday for over 2 years!!

そして一週間後にiPhoneケーブルも逝きました。
入れ替えの時期ってありますよね…。
あちこち裂けたところをマスキングテープで補修しまくって使い続けた二年半でした。ありがとう!そしてありがとう!
iPhone cable was also gone. Kaput.
It worked also for 2 and half years.


間違えて折っちゃったポインセチアの葉っぱを水に差しといたら、立派な根っこが出て来たので、そろそろ植え替えてあげようと思います…。
あぁ遂に園芸に手を出すのかぁ…。今までは友人におんぶにだっこでしのいできたのですが、独立せねば。
ボローニャから帰ったらすぐ土をあげようと思います。
Root grows from the broken branch. nice. I need to give a new pot for him.

メトロA線が伸びます。4/6からみたいです。最初に伸びたメトロ図を見て衝撃を受けたので思わず写真を撮りましたが、数ヶ月後には「なんで私こんなもの撮ったんだ、すぐ見慣れるのに」と思うことでしょうねテヘペロ!
Hey! New metro stations will be available!
I was excited and took photo, but I think few months later I'll feel "Why I took such a picture? Everyday we see this and it's nothing..."


花が咲いていました。きれい。かわいい。春。
Flowers blooming. Spring's coming!

見えますか?
窓に、下にある公園が反射して見えてて、きれいだなぁって。
Can't you see?
The park beneath my flat is "mirroring" on the window.
I just felt it's beautiful.

理由も経緯もよく分からないのですが先日ふとスタジオで夕食会?がありました。
会ってほどじゃなくて、なんとなくそのへんにいたメンバーに、夕食当番だった子が作ったご飯が出された感じ。
皆でその子が作ってくれたクスクスを食べて、デザートに誰かが出して来たバナナを輪切りにして皆で食べて、こういうの合宿以来だったので、なんかとても和みました。
どちらかと言うととっつきにくいチェコ人ですが、こんな風に突然ふと、自然に溶け込めるときがあります。
そんなときは何故か皆、私にチェコ語を喋ってきます。私が分かってなくてもなぜかチェコ語で喋ってきます。そして私もなんとなく分かるので、うんうん、といって会話しています。
何なんだろうね。なんか不思議です。
We had an dinner at atelier. It's just a small dinner with colleague. It's warm atmosphere, we just eat the kuskus that one student cooked, drink coffee, talk...
I feel ease and peace with such a time.
It was a happy time for me.

そして何故かスタジオで、スタジオの子が関わっている本の製本作業をやっていて、ユキコもやりたい?と言われて、久々に製本やりたかったのでうんやりたいと言って、皆でひたすら紙を折ったりのり付けしたりしてました。ふらっと来て、製本作業して、ご飯食べて、また製本作業して。コンサルで疲れてんのに何してんだろ?と思いつつ、なんか意味も無く手伝ったり、皆がわいわい喋ってるのをたまにすごい全部理解できて笑っちゃったり、おおむね分からないんだけどふんわりと輪に混ざったりとかしてて、なんか好きなのです。楽しかった。
After the dinner, I helped someone's book binding works. I love to do it, so I was pleased.

ある日、地元レストランに食事に行き、インターネットのパスワードを店員に聞いたらあまりにも早口で半分ぐらいしか分からず、分かったか?と言った瞬間にレジに行っちゃったんだけど私分からんくて、分からない!とジェスチャーしたら、レジで会計待ってたカップルがそれを見て聞き直してくれて、あまつさえ紙に書いてわざわざ渡してくれたんです!
One day I ate my lunch at a restaurant, and asked the staff what is the password of the internet, but he spoke very quickly so I couldn't understand, but he went away.
But one couple was watching at me, they asked him again the password, and wrote it down and gave me!

もう、感激。。。
こういうエンジェルな出来事が起こるから、チェコはやめられません…。
捨てる神あれば拾う神あり、捨てられたと思ったらわりと速攻で拾われます(笑)
あぁ面白い。チェコ…。
そして嬉しかった。。
I was very happy.
Czech persons looks sometimes very cool, and sometimes very warm, like this.
It's so interesting.
Thank you so much!!!

では、ボローニャ行ってきます!また!
See you next time! Have a nice day!
Yukiko

Weekly Diary March 1 / 週刊日記三月① いろんなものが戻ってきてる編

相変わらずウソみたいに綺麗なプラハ。
Amazing Praha. We Japanese call it "Real Disney Land"


まただいぶ間が空いてしまいました。。そろそろ更新〜だった先週、一冊目の終わりがやっと見えてきた段階でコンサルがあり、若干大きめの手法変更が出たため、うおおおお………!と頭を抱えながらあれこれ模索中していたら、更に一週間経った…という次第です。
一言で言うと色付け方法を見直さなくてはならなくなったのです。もちろん一番大事なのは線画なので、線画は大丈夫なんですが…。かなり頭抱えました。ただ、今までの方法から全く変えてしまうのだとまた雰囲気崩れるし、なんとなくなんですが今までやってきたこと全部が間違ってたとは全然思えなかったので、試行錯誤の結果、今までやってきた色付けにアナログ塗りを足し、更に色味を調整する、という感じになりつつあります。
来週、学科全体でやる卒制進行状況のチェックがあるので、その時にまた見てもらって進めていきます。
Last week, I had a consultation about my diploma-work picture book "Mala Japonka", and teachers advised me that it'll be better to draw all the words by hand, and all the pictures' colorings should be changed to be more watercolor-like... it means that, make it more "analog".
Then I've been struggling about new coloring... and now I think I found some way to make it. I hope...! Anyway I'm keep working.

アナログ塗りの足し方は、ゴリゴリ塗るんではなくわりとさらっと足す方がよさそうな気がしたので(さすがに過去二ヶ月あれこれ試したのでこのへんは分かる)(…と思う)、
コピックでトレペにカラー層を塗り
To add "analog" coloring, I use Copic on tracing papers. One is for colors, one is for gray tone only. Then scan them, and add to the original picture, and mix and adjust them...
次にグレーの「影レイヤー」だけのものを作り
 両方をスキャンして、元々のデータの前塗ったカラーレイヤーの上に重ねて、色を薄くしたり濃くしたりしてみて
…みたいな。感じです。
... like this.

更に、本文の文字も全部手書きにした方がいいよ。いう指導が入り、マジか…と思って昨日やってみましたが
In addition, teachers advised me to write all the sentences in books by hand (like diary book), so I tried to do this, and see...
確かに……。手書きのがいい…かな。雰囲気は出る。レイアウトはまだ適当ですが。今、先生に本文の校正を頼んでいるので、それが戻ってき次第手書きでまた作ることになります。が…がんばる。
...yeah, it must be true...
after I receive the proofing, I'll write them all, both in Czech and English, and maybe in Japanese... O M G! But I'll do.


・それと、学校で新しい印刷所を教えてもらえたので、先日さっそく行ってみました。デジタルより質が良く、でもオフセットじゃない、という印刷だそうで、よく分からないのですが良いそうです…(すごいざっくり。笑)
ここが良さそうならまずEye Contactの増刷をここでかけてもらいます。今までは学校のオフセット機で出すつもりだったのですが、サイズが元のサイズで出せない(大きさに制限がある)ので小さいフォーマットに変えなくてはならず、そうなるとレイアウトを抜本的に治さなくては本として成立せず(ものすごく読みづらかった)、でも卒制の絵本の制作に集中しないとムリ!だし、でも今年中に増刷作業しないとどうにもならない!しで、もう、どうにも身動きがとれなかったところへのこの情報だったので、かなりありがたかったです。

それにしてもびっくりなのが、月曜に印刷所行って相談して、見積もり明日送るわーと言われて金曜まで待っても返事なかったので連絡したら、オウソーリー、完璧に忘れてたわ!とお返事が。軽っ!(笑)日本でこんなことあったら相当問題でしょうし、まず起こらないですよね。でもチェコは簡単にこういうこと起こります(笑)ほんと、面白い。。急いでるなら私が水曜とかに連絡すべきだったところなので、待ってたってことは時間あるんでしょ?ぐらいもののです。個人主義の国って本当に面白いです。私はまだまだ、この国で学ぶことがあります。(笑)

And I got a new information about printing. It must be ok. At first I need to print the book "Eye Contact". If it's quite OK, I'll also print this diploma-work picture book.
I wanted to print it from last December, but I had a possibility only to use offset machine at school, and it was a problem. It accept only smaller format than the original size of that book, so I needed to adjust all the layout of the book, but it was too much work for me because I should concentrate to my diploma work. So this new information is really a good news for me!

But there's only one thing that I really feel funny. I went to the printing company on Monday, and she said she'll send me the calculation how much it costs, but until Friday I got no news from her. So this morning I sent her e-mail, and she immediately replied me that she completely forgot this! It's so funny. When you came to Japan and ask your offer, you'll never be forgotten, because Japanese thinks the work and customers are most important thing, even than their private life! But in this country, such things are easily occurs, and I feel it's really funny. If I really need it quickly, I should have contacted her on Wednesday or so, so I think it's not due to her. Ah, it's so interesting! What a big difference between these two countries! Actually I'm really enjoying such things. ;)


・それにしても不思議なのは、以前完全に手放した画材たちが、ここへ来て私の元にどんどん戻ってきていること。
私は昔(十代後半〜)、漫画家になりたいという野望を持っていたので、画材もそっち系でした。
ですが当時はつけペンがうまく使えず(筆圧が高すぎたのですが、それをうまく調節するなんていう器用な手先は持ち合わせていなかった…)、さらに絵も何故か、美大に入ってムキになってるうちにファイン?アート?みたいな(自分でもちょっと内心不思議だったんだけど)方向へ行くことになってしまい、完全にコピックは宝の持ち腐れになってしまっていました。なので、マンガ系画材の筆頭であった、高校生の頃からコツコツと買い貯めて使っていたコピックたちも、一度完全に手放したのです。(多分当時200色近くありました。)誰に手放したかというと、これも後で思うとほんとに運命だなぁと思うんですが、プラハに既に来ていたユミが、コピックをストーリーボード作りの段階で使いたいんだよなぁという話をしてたので、じゃああげるよ。と言って大箱でどーんと全部プラハに送ったんです。
…で今回、この「色塗り直し」の話が浮上して、これはコピック使わないとダメだなぁ…買い直そうか…と思いながらゆみに話していたら、「カラフルなやつは案外使ってないので、君に返すよ」とのこと。使ってないならいただくか。。というわけで受け取ってきた、というわけです。
かくして、生涯二度と使うことはないだろうとまで思って手放したコピックが、なんと手元に戻ってきた、、、わけです。本当に不思議。送った相手がゆみじゃなかったら、多分絶対に戻ってこなかったはずです。もう、運命だなと、、、。
When I was teenager, I wanted to be a manga writer. So I used pens and a lot of copic markers (alcohol marker), but gradually I shifted to painting, so I didn't use them when I was 25 years old and later. Then I gave them all to my best friend who lives in Prague, because I was certain that I would never use these art materials in my life.
But, it's surprising, that I came to Prague and started to write picture books, and I started using pens. And now, I need to use these markers again, so I told it to my friend and she said she has a lot of colors of those markers that she never uses for her works, so she can give me back them... So I received them again, and using them again! It's a kind of magic of life, I think... Now many things that I released completely are getting back into my life. It's really surprising for me and I feel really happy for it!
Gペン。丸ペン。昔は使えなかったなぁ…。バレエガールに始まり、カリグラフィーにまで手を出して、こっちに来てからすっかりペンになれてしまったため、気づいたら使えるようになっていたんです。もうさぁ、何?っていう。あと十年早かったらマンガ家目指せたのでは…?と思うと何だか切ない…。いや、でも無理だったでしょうね。。うん。そう思います。所詮、そういうものです。ほんとにやりたかったらやってたはずだからね。
ちなみに左側の木の軸のはなんと、チェコの文房具メーカー、コヒノールのもの。高校生の時に買ったんです。もちろんチェコ製だなんて一切知らず…。しかも、いろんなものがチープな作りになってしまった今の時代にはなかなか売ってない、金属の留め金でガッチリとペン先を止められる、すごくよいものなのです。まさかの出会い。運命や。。
I wasn't good at using pen&inks before, but now I got used to it because I've been using pens since I wrote "A Ballet Girl". Then now I can use even the Japanese pens that I never could use it well when I was young. It's also surprising for me. Feeling really mysterious...
 不思議な感じです。本当に、一度完全に手放したのに、また戻ってきたこの子たち。
懐かしい顔ぶれ。当時愛用していた色ばかりが「使ってない」といって戻ってきたのも、実に不思議です、、、。おかしいなぁ。w
将来、この子たちをこんなに違う目で見て使う自分と出会うことになるだなんて、当時は思ってもみませんでした。
ペン軸もコピックも、買って愛用してきた昔の自分に、心から感謝したい。今、そういう気持ちでいます。
Welcome back, my materials that I'd really loved!
I couldn't even expect such a thing would be occur.


インクが完全に乾ききるのが待てない…。
待とうと思うんだけど、もう乾いた!と思って消しゴムかけたらまだだったっていう…
もちろんフォトショで修正するんですけども。
こんなアホミスもしつつ、制作は進んでゆくのです。
I'm doing such a small mistakes everyday.
In this picture, I couldn't wait until the ink completely dried up, then... omg. haha. But it's ok, i can retouch it on PC.


・こっちで買ったつけペンが潰れてきてしまいました。
インクでコーティングされたような状態に…。
The pen which I bought in Prague is now like this... it's almost kaput.
いい感じにツブれて、太くていい感じの線が描けるので愛用しています。が、しかしちょっとヒドいかもしれん…。大丈夫ですスペアはあります。。はい。
It's possible to draw nicely bold lines, so I'm still using it, but sometimes it's too bold but I forget it and use... hmm. no problem, I have the new ones!





では日常編。
So for daily life's news.

何故か急にここ最近、ムラムラとフィルターコーヒーを家で飲みたくなり、しかしドリッパーがない(こっちには売っていないんです…あったとしてもすごい高い)、フィルターだけは家にあったので、家にあるもので考えて…こんな状態で淹れてました…。
In Japan, we drink stronger coffee than czech lol maybe it's Americano. (?)
And these days I really wanted to drink "Americano", so I thought how I can make it, then I did it like this...
ルックスはひどいけど、味はすごいおいしいんです(笑)
Looks crazy, but tastes perfect :-D

というわけでドリッパー、日本から母に送ってもらいました。
but it was troublesome to create a cup of coffee, so I asked mom to send me this dripper from Japan. It's very cheep in Japan but it's expensive in Czech.
うん…やっぱコレだわ。笑
...Hm, this is it.

ケンタの広告ぐらいならチェコ語が全部分かるようになっている自分に気づいてなんかビックリしました。
One day, I noticed that I understand everything of such easy advertising czech, and was surprised. Sometimes I feel like this... "why I understand it???" But it's just because I'm studying.

部屋で一灯で仕事してたら、ふと気づいたらなんかきれいな光景が。
I was working at night only with one light, and I noticed that here's a beautiful shade of the tree.

うん。きれい。
Hmm. Beautiful...

友達がプラハに遊びに来て泊まっていったのですが、朝ご飯を食べてそのまま眠ってしまっていました。旅行に来たのに!(´▽`)居心地がよかったそうです。生態が完全に猫。
My Japanese friend who lives in Hong Kong came to Prague. She really lived like cats.

チェコ料理食べに行きました。おいしかった!
また来てね☆
10年来の友達との久々の再会だったので、とても嬉しかったです。
We went to czech restaurant. Tasty!
And I met her maybe after 10 years interval. I was very happy to see her. See  you next time!

友達も来たし、ってことで毎朝軽い朝食を作って食べてたら、やっぱり朝食ってイイな。と思ったので、その後も続けています。
朝ご飯食べるのって大事だなぁ。
These days I cook breakfast. Usually I forget to eat breakfast but it's important to wake up our body&mind... hmm, good habit, isn't it?

その友達が買ってきてくれた、香港限定(?)のミルクシーフード味のカップヌードル。日本でも一時期売ってたそうですね。
めちゃくちゃ美味しかったです!!!いや〜。至福。
It's Cup Noodles sold only in Hong Kong. Tastes "Milk-seafood" Ah it was awesome... amazing. 

その後に母に頼んでた日本のカップヌードルたちも来たので、タワー作って写真を撮った。
This is love〜♪This is lo〜ve〜♪
It's cup noodles from Japan that my mom sent me. it's my heaven. haha...

衝動買いした百合の花。
いい匂い。
Bought lilies. Smells beautiful.

毛布巻き付けたみたいな不思議な服着せられたワンちゃん。かわいかった…
Dog with curious blanket-like wear in tram.

一人お茶しに行って、フルーツクネドリーキ頼んだら、見た事ないルックスのなんかなんともいえんやつが出て来た!
Knedliky (dumpling) with fruits inside, looks... oh... my ... god... what it is?
なっ、えっ、はぁっ!?何これっ!?てなりました。。
割ってみると
Cut, and we'll see..., .... what?

なんか木の実みたいなやつが出て来た。
全然甘くないコンポートみたいなやつ。
でも周りのジャムやら砂糖やらが甘いので、甘さは充分なのです。
不思議だった…。でも…すごいうまかった…。
チェコにも慣れて来たつもりでしたが、まだまだ不思議なものが沢山あるなこの国は…。と一人で遠い目をしながら食べました。美味しかった…。
The fruit's compote wasn't sweet but jam and sugars around were sweet so it's enough sweet, but anyway, it was very mysterious and... delicious!
 Hmm, Prague is still full of mystery for me.

大好きなヴィシェフラッド城敷地内にある教会の中にいる天使さん。
An angel in the castle at Vysehrad. (This park is my favorite place in Prague)

不思議の国プラハで、がしがし頑張っていきたいとおもいます。
ではまた次回!
I continue work in this mysterious land, Prague.
See you next time!